RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

六本木の開業税理士・行政書士!

六本木で開業した若手税理士・行政書士のブログ 【http://www.zeirisi.info】【http://www.e-gy
<< 台風の影響 | main | お問い合わせ >>
年金改革、税方式なら「消費税最大13%上げ」
0
    政府の社会保障国民会議は19日の所得確保・保障分科会で、読売新聞社、自民党の議員連盟「年金制度を抜本的に考える会」、日本経済新聞社などが提案した年金改革案に基づき、それぞれの案に必要となる消費税率などを計算した財政試算を発表した、というニュースが今日発表されました。

    その結果、2009年度に改革を行う場合、日本経済新聞社などが提案した基礎年金を税でまかなう「全額税方式」を導入すると、現行5%の消費税率に4・5〜13%(1%を2・8兆円で換算)の上乗せが必要となることが分かりました。



    この改革が実行されると、現在、年金を納めていない人たちも物を購入したりサービスを受ける際に、自動的に年金分を徴収されることになります。

    つまり、国からしてみると年金の取りっぱぐれがなくなるのです。

    しかし、これが導入されると年金受給者も年金を納める形になります。

    若者の負担は少なくなりますが、お年寄りの負担がドンドン増えていっているような

    先日も、後期高齢者医療制度が開始されたばかり



    年金の源泉が確保できない状態で、政府もあの手この手で考えているのでしょう。

    しかし、来年、いきなり消費税10%以上というのは厳しい気が・・・


    | | 18:06 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.zeirisi.info/trackback/646646
    【現行5%】についてサーチエンジンで検索してみると
    現行5% に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
    | 気になるキーワードでブログ検索! | 2008/05/21 6:29 AM |