RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

六本木の開業税理士・行政書士!

六本木で開業した若手税理士・行政書士のブログ 【http://www.zeirisi.info】【http://www.e-gy
<< 日本大震災:被災地の支援事業、企画に50万円助成 沿岸の小〜短大生対象 /岩手 | main | いい肉の日(^^♪ >>
消費税 2段階で10%による影響
0
    先週、「消費税 2段階で10%」

    という記事が報道されました。

    2015年度までをめどに、

    税率を2段階で引き上げ10%にする方針です。
    まず2014年4月にも税率を8%に引き上げる案が有力。
    食料品など生活必需品の税率を

    特例で低めにする「軽減税率」の導入は当面
    見送るそうです。


    景気回復の目処が

    たたない状況での

    増税は、中小企業にとって

    大きな影響が出てきます。


    たとえば、2000万円の注文住宅を

    新築する場合の消費税は100万円です。
    これが消費税8%になると160万円。

    10%になると200万円になります。
    こうなると、消費者の購買意欲が

    今まで以上に低くなります。



    増税の前に

    住宅のような大きな商品は

    売り切ることが

    必要になります。



    この前のエコカー減税のように

    住宅や車などの

    大きな買い物は

    増税前に

    ちょっとした特需があるかもしれません。



    また、

    増税後の商品の値段の付け方も

    問題になります。



    増税にあわせて、

    商品価格に転換するのか。

    それとも、

    会社がその分を負担して

    増税感を感じさせない

    価格にするのか。



    目先の戦略だけではなく、

    増税後のことも

    見据えた戦略が必要になります。


    とはいっても、

    中小企業の社長や個人事業主は

    じっくり腰を据えて

    戦略を考える時間と人材が

    いないのが実情です。



    そんな時は、専門家に相談して

    1度じっくりと考える時間も

    必要です。



    こういったコンサルも

    受けていますので、

    良かったら、ご相談ください。

    | | 12:06 | - | - | - | - |